プロテクター


レースや、ライディングスクールでは、当然のように装備するプロテクター類です。

また、ツーリングや、気合の入ったバイク走行を行う際は、肘カップを装着した衣類を着ます。
では、街中ではどうでしょうか?
半袖や半ズボン、グローブ未装備、中にはツッカケで走っている人も見かけます。
さすがに、ツーリングでそのような姿の人は見たことはありませんね。

プロテクターを装備して...。
もちろん、ライディングスクールだけではなくツーリングや通常の街中走行などでも、
プロテクターを装着することで事故や転倒時の衝撃を吸収、怪我の緩和が必要です。
最近は鎖骨を守る為に、肩のプロテクターを義務付けている他のスクールもあります。

スクールで練習するときは、肘、膝にプロテクターを装着しなければなりません。
また、踝が隠れるような靴(ブーツ)もしくは、足首用プロテクターが必須です。
肘、膝、踝等の関節部は怪我をし易く、また怪我をしてしまうと中々治らない箇所です。
だからこそ、この様なプロテクターを装備する必要性があるのです。

プロテクタ プロテクタ

私が現在使用している物は、EVSのオプション エルボーガード/ニーシンガードです。

プロテクタ プロテクタ

また、予備で持っているUFO プロエルボーガードスワンズのエルボーガードです。

プロテクタ

膝は、プロテクターより皮パンツの方がより良いでしょう。
膝だけでなく、腰も含めた下半身全体を保護します。
また、安全性向上と共に、より安定した走行が出来ます。

特に激しい運転での走行や、長時間の運転での疲労でも、
ニーグリップがとても重要です。
皮パンツを履くことで、タンクとの密着度が上がり、
下半身とバイクとがガッツリくっつきます。

プロテクタ

転倒時は、鎖骨を折ってしまったり、胸を強打したりと、胸部、肩も怪我が多いので、この様なプロテクターを装着することをおすすめします。

コミネのチェストガード(SK-600)は教習所向けに開発されたもので、死亡事故要因で大きな割合を占める胸部保護の重要性を考慮されています。
私も自分の練習をする時は、このチェストガードを使用しています。

肘や肩は、ジャンパーにプロテクターのパット付きがある為、それを着れば良いですね。

踝は、ハイカットのシューズにて対応。

膝は、難しいですね。
常日頃から皮パンツを履くには、大げさだし...。
今は、ズボンの中に装着できる薄くて軽いもを模索中です。



« タンデムベルト グリップヒータ »

⇒ Yahoo!オークションの最新情報を確認する


バイクグッズインプレッション。プロテクタを装備すれば転倒しても安心??