バイク ヘルメット(タイプ別)


バイクのヘルメットをタイプ別にみてみましょう。

Arai

フルフェイスタイプジェットタイプの差ですが、当然、視界が全然違います。

ジェットタイプはヘルメットをかぶったままでも、タバコを吸えますし、飲食の可能なので大変楽です。

私の友人は、「顔面から落ちたときのために、フルフェイスタイプでないと怖い。」といっていましたが、安全性は、ジェットタイプでもシールドを閉じていれば顔面への衝撃安全性は変わりないと聞いています。

私は、形から入るタイプなので、フルフェイスタイプをメインに使用しています。
その上、ミラーシールドなので夜などは全然見えていません。
暗くなると、寒くても、風がきつくてもシールドを開けて走ります。
(こんなに頑張ってフルフェイスタイプを使用する必要があるのか??)

が、スクールでは視界が狭いと走りにくいので、練習用はジェットタイプを使用しています。
すごーく楽です。

同じスクールでのAraiのツアークロスを使用している人の感想を付け加えときます。

フルフェイスにバイザーを付けた感じなので、ツーリングやタウンユースメインだけど、オフ車乗りとしてのイメージを持ちたい人には最適なヘルメットといえる。
ただ、高速道路などの速度域ではバイザーに風を巻き込むのでちょっと辛いかも...。
それと、バイザーを止めるネジが良く脱落する。これまでに2本脱落したそうです。
使用する前に必ず増し締めすることをお薦めします。
また、バイザーによってコーナリングではかなり視界が妨げられます。
ライディングスクール等で使用する場合はバイザーを外した方が良いかも...。

私は現在、スクール用とツーリング用と予備とを所有しています。
そろそろツーリング用のヘルメットを買い換えようと思っているのですが、先立つものと、保管スペースに問題が...。

あれこれ書いていますが一番良いのは、実際かぶってみてフィーリングが良いものを薦めます。
人其々の顔の形が違うので、思い込み、固定観念で選んでしまうと、長時間のツーリングなどでは疲れてしまい、楽しくないですしね!!
また、選択するにあたり安全性を考慮してみてください。格好も重要ですけれども、事故は身近にありますよ。
頭を守る為にかぶっているヘルメットなのに安全性が乏しい物では意味が無いのではありませんか?



« バイク ヘルメット(AraiとSHOEI) バイク用ハイカットシューズ »

⇒ Yahoo!オークションの最新情報を確認する


バイクのヘルメットについて。バイクヘルメットのタイプ別紹介。フルフェイスやジェットタイプ。