バイクの排気量や免許の違い


バイクは排気量によっていくつかの種類に分かれます。
またそのバイクに乗るため必要な免許も違います。

その辺りを説明します。

バイクの排気量別種類

運転免許を基準にした日本固有の分類では、バイクは以下のように分類されます。
なお、カッコ内は2輪の場合の原動機排気量基準です。

  • 原動機付自転車(50cc以下)
  • 小型自動二輪車(50ccを超え125cc以下)
  • 普通自動二輪車(125ccを超え400cc以下)
  • 大型自動二輪車(400ccを超えるもの)

日本では道路交通法および道路運送車両法にて排気量に応じた区分が定められており、その区分により運転免許などの取扱も異なります。

表にまとめると、こんな感じ。

私も、昔間違って認識していた内容なのですが、50ccをボアアップして小型車両にしても、二人乗りは出来ません。
上記にもあるように"構造上座席がないものは不可"なのですから!!



« バイクは実用から趣味へ バイクの車種:レーサーレプリカ »

⇒ Yahoo!オークションの最新情報を確認する


バイクは排気量によっていくつかの種類に分かれます。またそのバイクに乗るため必要な免許も違います。