技能走行B:悪路応用走行


摩擦力の低い連続した悪路で進路を変更する必要があった場合に、路面の状況を速やかに読みとり急激なバランスの変化に対応できる判断力と技能が必要であり、これを身につけるために設けられた課題である。

走り方

  • 発進位置において正しい姿勢で停止し(ギアは1速)、審判員の合図で後方の安全を確認し指示された進入路より進行する。
  • パイロンを通過するときは、接触しない適切な速度と傾斜で通過する。
  • 停止位置で停止し、審判員のチェックを受け指示に従う。

■目標の取り方の例

  1. 最初の障害物(パイロン)の確認
  2. 次の障害物(2本目)の確認
  3. 再び直前の障害物を確認
  4. これらの動作をくり返すと共に路面状況と内輪差も併せて確認して走行する。

減点基準

項目減点
転倒40
指示違反40
コースアウト40
安全確認不履行20
足支え(1回につき)20
足つき(1回につき)10
片足ばなれ10
パイロンまたはマーカー接触、倒し(1本につき)5
停止時の右足つき5
エンスト(1回につき)5
  • 試走によりコースを設定する。
  • 天候や路面の状態、傾斜角度等によりパイロンの置く位置が異なる。
  • 極端な蛇行は訓練の目的から外れるため、適宜サイドラインを設ける。



« 技能走行B:傾斜地走行 二輪車安全運転指導員とは »

⇒ Yahoo!オークションの最新情報を確認する


二輪車交通安全大会について。技能走行Bコースの課題と採点基準を説明します。「悪路応用走行」