技能走行B:レムニー(8の字)走行


二輪車ではときとして、山道の悪路やぬかるみ等を走行する場合がある。
このようなときには、低速でバランスを取りながら旋回(こまわり)する能力が必要となる。
この技能を身につけるために設けられた課題である。

走り方

  • 発進位置において正しい姿勢で停止し(ギアは1速)、審判員の合図で後方の安全を確認し発進する。
  • なめらかに発進し、姿勢は立座、着座、中腰等白由とする。
  • パイロンを旋回するときは外側の足に体重(左旋回=右足、右旋回=左足)をかけ、車の傾きをコントロールする。
  • 最初のパイロンから次のパイロンへ移るときの切り返しは、体重の移動とアクセルのコントロールなどでバランスを取る。
  • 姿勢はリーンアウトの姿勢が適している。
  • ギアは全コース1速で走る。
  • コースは登降坂コースを走行するため、アクセルコントロール、ブレーキ・クラッチを使い、速度をコントロールしながら走行する。
  • 停止位置で停止し、審判員のチェックを受け指示に従う。

■目標の取り方の例

  1. 最初のパイロンの確認
  2. 旋回が終る前に次のパイロンの確認
  3. 同時に両サイドライン及びエンドラインの確認

減点基準

項目減点
ゾーンオーバー5〜40
転倒40
指示違反40
安全確認不履行20
足支え(1回につき)20
足つき(1回につき)10
両足はなれ10
パイロン接触、倒し(1本につき)5
エンスト(1回につき)5
片足ばなれ5
停止時の右足つき5
  • コース幅は4m〜8m、長さ7m〜13mとし、中心線上にパイロンを設置する。(パイロン高・標準0.45m〜0.75m)
  • Aゾーンを基準とし、B・C・Dゾーンを設ける。寸法はそれぞれ0.1m、0.2m、0.3mとする。
  • ※コース設定の寸法は競技クラスによってそれぞれ変更する。



« 技能走行B:砂利道走行 技能走行B:応用千鳥走行(ボックス千鳥) »

⇒ Yahoo!オークションの最新情報を確認する


二輪車交通安全大会について。技能走行Bコースの課題と採点基準を説明します。「レムニー(8の字)走行」