技能走行A:ブレーキング(制動)


ブレーキングの目的は、走行中の車を安全に止めることであり、急ブレーキを使用しないゆとりのある運転が必要です。
しかし、急ブレーキが必要になった場合に効果的なブレーキングテクニックも重要であり、この技能を身につけるために設けられた課題です。

二輪安全大会 二輪安全大会 二輪安全大会 二輪安全大会

走り方

  • 助走路手前の発進位置において正しい姿勢で停止し(ギアは1速)、審判員の合図で後方の安全を確認し発進する
  • 助走路の前半で素早く変速加速し、後半で指示速度に合わせ車を安定させる。なお、ギアは3速以上とする
  • 制動開始位置から制動を開始する
  • 車輪をロックさせないで、停止基準距離内で止める
  • 車を完全に停止させ、左足で着地する
  • 停止位置で審判員のチェックを受け、指示に従う

減点基準

項目減点
指示速度不足(3km/h以内)10
指示速度不足(3km/h超〜)20
指示速度不足(6km/h以内)
指示速度不足(6km/h超)40
停止基準距離オーバー
原付、自二ともに停止基準距離を超え0.5mごとに
5
転倒40
指示違反
コースアウト
車輪ロック・2m以上20
安全確認不履行20
足つき(1回につき)10
両足ばなれ
停止時の右足つき5
片足ばなれ
  • 停止した位置から2m以内の左足ばなれは減点しない
  • 指定制動区間オーバー…前輪の先端で計測する
  • 指示違反…ブレーキ開始が明らかに早過ぎる場合ギアが2速以下で進入した場合など
  • 車輪ロック2m以上…後輪ロックのみ対象

概ね60m以上の助走期間を原付30km/h,自二40km/h(50km/h)の速度で走行後、指定された位置からの制動距離を測定します。

制動区間は幅0.8m、全長20mとなっており、停止基準距離は原付7m,自二10m(14m)となっています。



« 二輪車交通安全大会の概要 技能走行A:コンビネーションスラローム »

⇒ Yahoo!オークションの最新情報を確認する


二輪車交通安全大会について。技能走行Aコースの課題と採点基準を説明します。「ブレーキング(制動)」