保険の種類:任意保険


バイクに乗るならば、任意に加入する自動車保険(通称:任意保険)にも入ることをお勧めします。

任意保険に入っておけば、自分の過失にかかわらず、事故の相手との交渉を依頼できる点でも大切です。

任意保険とは

自賠責保険ではカバーできない部分の補償を受けるため、任意に加入するものです。
対人賠償や対物賠償などは約70%の自動車が加入しています。

自賠責保険よりも、様々な保険の種類があります。

主な任意保険の種類をまとめると次のようになります。

対人賠償保険
事故を起こしてしまった際の他人の身体的被害に対して補償をする保険。
対人賠償の部分で自賠責保険だけでは金額的に足りない部分を上乗せで補償するものです。
対物賠償保険
対人賠償保険の「人」の部分が「物」に置き換えたもの。
対人賠償と同じで「自分ではなく相手に賠償する」ための保険です。
搭乗者傷害保険
ドライバーも含めた車両に搭乗中の方が自動車事故により死傷した際のケガの補償をするものです。
車両保険
自分の自動車そのものの損害(修理費等)を補償する保険です。
人身傷害補償保険
自分に過失がある事故で自分もケガをした場合、相手がきちんと保険に入っていなくて自分の治療費などを相手に支払ってもらえない場合などでも補償される保険です。

会社の人の(奥さんの)話ですが、相手がバイクでこちらは歩行者だったのですが、そのバイクにはねられてしまいました。
(バイクで人をはねるのって難しいと思っていたけど、こう身近に起こるとは・・・です)
なんと、相手は自賠責にしか加入していない某市役所の公務員。
こちらの怪我は右手負傷と、怪我的にはたいした事ない感じですが、お仕事が看護婦さんのため右手が完治するまで仕事にも行けない状態。
診断も単なる負傷からその後結局「ひび」「骨折」「手術」と、結局数ヶ月に渡り治療を受ける羽目になってしまいました。

公務員だからか、はじめ「保障はする」とかゆっていたそうですが、なんせ自賠責にしか加入していないため資金不足(という言い方であっているのだろうか?)な上、交渉も自分でやらないといけないということで、結局その公務員は会社の上司に頼んで一緒に示談交渉したりと大変そうな雰囲気。

ただ、保障額に限りがあるからか、やたらと値切ってくるということで、こちら側としては納得できず、かなり長期間に渡って昼間から夜まで時間を問わず交渉を続けていました。

と、まあ、何が言いたいかというと、事故の後の交渉はお金+感情が絡むので、醜くなること間違い無し。
備えあれば憂い無しですよ!

じゃ、保険ってどこの会社のがいいんだ? となりますと、そこは人それぞれ、思うポイントが違うと思いますので一概にココ! とは言いにくいです。
世の中には、無料でwebから一括で複数の保険会社に見積もり取ってくれるサービスもありますので、気になる方は一度利用してみてはどうでしょうか。



« 保険の種類:自賠責保険 二輪車安全運転全国大会とは »

⇒ Yahoo!オークションの最新情報を確認する


バイクの危険さが分かった所で、必要に応じて保険を選びましょう。保険は必須ですよ!任意保険について。