crs2007 : 10月T CRSの秋


take1のCRS日記

今回のCRSは秋晴れの、とても走りやすい天候でした。
生徒さんの参加人数も多く、活気のあるスクールでした。

今回は会場に難がありましたが、そこも練習だとおもって!!
だって、公道にも何かが落ちている!?かもしれませんしね。
いつものコースからほんの少しラインが変わるだけでも、違和感を感じてしまいます。
路面の状態、天候、バイクや乗り手のコンディションなど走りにくいと感じることがあるかもしれませんが、 どんな状況でも苦手意識を持たずに走れるかが課題ですね。

最近、パイロンの接触が多いように感じます。
パイロンは、壁であり、電柱であり、障害物なのですから接触は事故であります。
接触しないための意識とよける技術はとても重要です。
端から見ていても、上手い人はあたりません。
逆に、あたる人は…。今一度、考えてみてください。



« 9月 まだまだあついCRS 10月K 頭を低く! »

⇒ Yahoo!オークションの最新情報を確認する


(CRSライディングスクール)パイロンは、壁であり、電柱であり、障害物なのですから接触は事故なのです