crs2006 : 7月F タイヤを新調したけど


ミッキーのCRS日記

今回は、楽しみにしていた年に一度の合宿でした。
今年も昨年のイメージでイントラ練習日に参加したのですが...。
今年は初日からの参加車両が多く(皆さん熱心ですねー)イントラ練習とは程遠い状態でした。
そんな中、千鳥から練習を開始したのですが、いきなりフロントが抜けてこけてしまいました。
砂が浮いてるからと注意を受けていたのですが、あー情けない!

今回はタイヤを新調して調子を取り戻すことが一つの目的だったのですが、やはり調子は戻りませんでした。
薄々は感じていましたが、道具に原因を求めちゃ駄目ですね。

調子の良かった頃の私を知っている方々に聞くと、異口同音に「きれが無い」と言われる始末。
ということは、動作にきれが無いという結論に行き着くわけです。
後で、自分の走りを客観的に観察すると明らかに動作が遅いし体が入っていないということに気づきました。
多分旋回速度が遅いことに起因する現象だと思うのですが、それに至るアプローチに真の原因が存在しそうです。
後は走り込むしかないな!

今年の合宿は梅雨真っ最中だったこともあり、天候の変化に富んだ合宿だったと思います。
そんな中ウエット路面でもドライと変わらないレベルでの走りができることを再確認できました。
こればっかりは走って体に憶えさすしかないわけですが一般公道で試すわけにはいきませんので、大変貴重だったと思います。
それと、今回大変楽しみにしていたのがトライカーナーだったのですが、最終日大雨警報が出てしまい中止になってしまいました。
自分なりにラインを考えていただけにそれを試せなかったのが非常に残念でなりませんでした。

バイク練習写真 バイク練習写真 バイク練習写真 バイク練習写真 バイク練習写真 バイク練習写真 バイク練習写真



« 7月T 年に一度の夏合宿 7月K 膝を使う! »

⇒ Yahoo!オークションの最新情報を確認する


(CRSライディングスクール)ウエット路面でもドライと変わらないレベルでの走りができる