crs2006 : 3月F ニーグリップができない


ミッキーのCRS日記

今回は1班/5班でした。実に6ヶ月振りの参加である。
しかし、ウエットな上にコース設定が一新されていた。

今回はリハビリをしようと心に決めた。
が、しかし、最初の直パイと千鳥セクションで膝がすっかり駄目になってしまいました。
当然、これ以降のセクションはただただ苦痛の一言でありました。
ニーグリップができないと、こうも走れなくなるのかって痛感。
それ以外に、直パイで今のようなアクセル一定の走りでは駄目だということにも気づきました。
(以前から、うすうすは気づいていたことなのですがね)。

次回は、アクセルコントロールにチャレンジすることにします。
それからライン取り。「考えて走れよ!!」っていうテーマを投げかけるような箇所がいくつも設定してありました。
結果は不正解なライン取りになってしまった訳ですが・・・。
後日、個別にレクチャーを頂きましたので次回試してみることにします。

冒頭記載したようにウエットコンディションだった訳ですが、以外と滑らないことに気づきました。
これは言うまでもなく私にとっては収穫でした。
それともう一つ、講義の中で「公道ではスピードを抑えて走ら無くてならない」という意味を、レクチャーのひとコマよりやっと本当の意味で理解することができました。
う〜ん、今回のレクチャーは得るものが多かったです。

バイク練習写真 バイク練習写真 バイク練習写真 バイク練習写真



« 3月T 生徒として最後 4月F 切返しのタイミング »

⇒ Yahoo!オークションの最新情報を確認する


(CRSライディングスクール)ウエットコンディションだけど、以外と滑らない?