crs2002 : 6月 バイク技術に進歩がない


数日前、会社でパソコンのモニターを少しずらそうと思い力をかけたところ腰から背中にかけて激痛が走り、今回のスクールをキャンセルするか迷っていました。

幸い、当日は違和感を感じるがバイクに乗れないこともなく、とりあえず参加してみました。

主催者の方には事前に状況を話し、だめな時には途中リタイアも考慮してもらった上で練習を始めたのですが、やはり不安は残ったままでした。
特に、私のバイクは姿勢が非常に厳しく、腰高感があるために最後までできないかもしれないと思いつつも、払った5000円分は走らないと損だと考えシャカリキになって走りました。

少しでも腰の負担を減らそうとリアサスのプリロールを1段下げていたのですが、これが思いのほかよく回り、低速では良い感じで走れました。
高速ではいつもよりアクセルをあけるタイミングが遅れるのでシックリこないのですが、この変化にはビックリしました。

今までサスの事には全然興味を持っていなかったので、ちょっとした感動を覚えました。
この月に出たBIG MACHINEでサスセッティングが特集されていたので帰宅後、隅々まで読み返しました。

話はスクールに戻りますが、ここ何ヶ月かの写真を見返していると、タイムもそうですが、ライディングフォームもさっぱり変化無く、上達しているのかが解らないです。

色々と模索してはいるのですがこれと言った解決もせず、イントラさんとのタイム差5秒はどうしたら縮めることができるのでしょうか?

一緒にスクールへ通っている友人からは「もっとアクセルをあけた方が良いよ」とか、「ブレーキでビビッている」と言われるのですが、私は目一杯やっていつつもりです。

体が覚えてしまっているある一線を越えれないからだなと感じました。

  • タイム:55秒55

しかし、腰痛とは・・・もう30歳を超えた私は親父の階段を着々と上っていることをかみしめながら、この日記を付けています。

バイク練習写真 バイク練習写真 バイク練習写真



« 5月 日頃の行いが良いので晴天 7月 バイクのサスセッティング »

⇒ Yahoo!オークションの最新情報を確認する


(CRSライディングスクール)ライディングフォームもさっぱり変化無く、上達しているのかさっぱり