バイクとレザー


ねっとりしつこくつきまとった暑さも今は昔、
ようやく秋の涼やかな気候が訪れ、
とても過ごしやすくなってまいりました。

しかし地を歩く者にとっては最適なこの気候も、
鉄馬にまたがってブイブイ走り回る者にとっては、
厳しい冬の寒さを思い知らせます。

バイク乗りにとって、季節は常に寒い方にひとつズレています。

きっちり防寒していないと既にツライです。

夏場では少々、いやかなり着用に根性の要るレザー製品が、
ようやくマッチしてくる頃ですね。

そんなわけで今回はレザーの話でも。

バイクとレザーのマッチングの良さは、洋の東西を問わず、割と共有されたイメージのようです。

車と比べた場合のバイクのイメージ、
自由や冒険みたいなものと、漆黒のレザーのシンプルな無骨さ、
音楽でいえばパンクやロックのようなイメージが渾然一体となって、
スパルタンな風合いを醸して出しているのでしょう。

要はバンカラです。硬派なんです。

綺麗とか可愛らしいとかではなく、クールでカッコイイ。

そうしたイメージがあるのでしょうね、レザーには。

確かに金属の銀色と革の黒色のコラボレートは、光と闇があわさって最強に見えます。

まあ実際はどっちも寒色なので、闇と闇が合わさってます。

最強ってか最悪な感じです。
ん、むしろイケてるかも。

やたらイメージだの何だのと、それはもう残暑のごとくしつこく語っておりますが、これにはそれなりの訳があるのです。

バイクにとってのレザーとは、高い実用性もさることながら、
むしろそれ以上にイメージの投影としての部分も大きいということを、
押さえておいていただきたい、ということなのです。

他に様々な優れた材質があるなかで、
それでもあえてレザーを選ぶのは、
クールでワルで硬派でロックでカッコイイ、
といったイメージを追及した結果、
たどり着いた唯一解でもあるのです。

いや単に好きってだけかもしれませんが(身も蓋もない)

さて東京都台東区浅草に、そうした漢(おとこ)臭い連中のアツい思いに応えてくれる、
とある職人たちの営む店がございます。

次回はこの店についてみてみることにしましょう。

KADOYA カドヤ K’S LEATHER No.1125 SFP-1(ブラック) L
レビュー:0 件

【12月26日1:59まで】 送料無料 レザージャケット カウ革 UK...
レビュー:3 件

【メーカー在庫あり】 ライズ RIDEZ レザージャケット CLUBS ...
レビュー:0 件

【17wj-4-bk】DEGNER ヴィンテージレザージャケット (17WJ-4)...
レビュー:0 件

楽天ウェブサービスセンター



« バイクとバックパックVII

⇒ Yahoo!オークションの最新情報を確認する


バイク乗りにとってレザーとはバイカーとしてのイメージを追及した結果なのです。