バイクとグローブII


さて、グローブの話に戻ります。

ぼちぼち梅雨も開けそうですしね。

前々回、グローブは必ずつけようね的な話を脅し半分でしておりましたね。
まあ脅しではなく事実なのですが。

今回はその話を読んで、
チッ、しゃーねーなーじゃあ付けてやんよ的な見解に至った方に、
さらなるダメ出しをいたします。

グローブにもイロイロあるんだぜ、グローブなめんなよ? というワケです。

グローブとは手袋の一種です。

グローブの和訳が手袋なので、ちょっと奇妙な話ですが、
手袋の形状のうち、
親指を含めすべての指が独立して動かせるものをグローブ、
親指とそれ以外に判れているものをミトンと呼んで区別しています。

グローブは指をバラバラに動かせるので操作系重視な場合に。

ミトンの方は細かい造作が不要なので頑丈に作れるため、防護性重視な場合に用いられることが多いです。

たとえば鍋掴み。調理の際の熱を防ぐため、厚手のミトンであることが多いですね。

もっとも5本指タイプの鍋掴みもありますよ。
たとえばアーネスト株式会社の「五本指クッキンググローブ」
バイク用じゃないですが、超がつくほど高性能です。

せっかくですので豆知識も。

上述の五本指クッキンググローブを始め、近年作られる多くの手袋≧グローブは東アジア産だそうです。

欧州やカナダなどの高級ブランド品もありますが、シェアでは圧倒的に東アジアです。
件のブランド品も、製造地が東アジアなモノは多いですかね。
本物かどうかはまた別件になりますが(笑)

そうそう、国産品に関しては、ほぼ全て、香川県東かがわ市周辺で生産されているそうです。
特産品ということですね。

ついでにもう一つ。手袋の単位は「双」です。
組ではありません。ご注意を。

単位は結構厄介で、モノによってコロコロ変わります。

イカはなぜかハイだったりしますしね。

ウサギなんて羽(ワ)ですよ。どこに羽があるんでしょうか?

おっと、これ以上は引き返せなくなりそうなので、今回はやめておきましょう。今回は。

バイク用ということで考えていくと、防護性と操作性両方が必要になってくるのですが、
基本的には5本指のグローブであることが多いですね。
ブレーキやクラッチの頻繁な操作を考えれば、やはり指は独立して動かせたほうがいいでしょう。

GK-179(06-179)CE プロテクトレザーグローブ タン Sサイズ ...
レビュー:0 件

Alpinestars アルパインスターズ SP-2 V2 グローブ(ブラック...
レビュー:0 件

R&G アールアンドジー タンクグリップ・タンクパッド【Tank T...
レビュー:0 件

コミネ KOMINE メッシュグローブ GK-168 ライドメッシュグロ...
レビュー:0 件

楽天ウェブサービスセンター



« バイクと梅雨 バイクとグローブIII »

⇒ Yahoo!オークションの最新情報を確認する


グローブは大事だよ、という話。五本指クッキンググローブはバイク用じゃないですがオススメです。