バイクと魔術師III


さて続きを。
今回は細部について。

バイクウェア イエローコーン ハイウェイマジシャン

まずは上着のフロント、ファスナー部分ですが、フラップ(当て布)が付いており、マジックテープで留めています。

マジックテープについても熱く語りたいところですが、我慢します。
流石私。

ファスナーからの水や風の浸入を防ぐのが目的で、それ自体は多くの服に見られるありふれた特徴です。
オシャレにもなりますしね。

ただこのフラップ、バイクウェアとしては天候を問わず極めて重要な要素です。

オフ車やアメリカンを除けば、たいていのバイクは上半身を前傾させて乗ることになりますが、
このとき上着の正面がよくタンクと接触するんですよね。
なので金属部品が露出していると、タンクにカツカツ当たります。

ほんのりスピードを出したりすると、もうキツツキかミシンかよって勢いで。

カカカッと。

ちょいと気分よく走り回って、我にかえった頃には傷まみれですな。

タンクはバイクの顔ともいいますが、傷モノになって喜ぶ人は少数派でしょう。
是非とも避けたいところです。

まあ、体験談です。

ハーレーのダブルのライダージャケットで乗りまくり、見事にやらかしてしまいました。
ベルトのバックルやら、ポケットに金属のアクセントやら色々ゴテゴテ付いていて、
ロックな感じでカッコ良かったのですが、タンクにはダメージ大でした。

ほどなく、顔に傷持つコワモテバイクに。
……必死にペイントペンで誤魔化すハメに。

やはりハーレーのジャケットはハーレー用なのか、と思ってみたりもしましたが、
これに懲りて、金属が露出した上着は避けるようになったのでした。

ちなみにそのジャケット、安芸の厳島神社へのツーリングに着ていって、夜中の山道で大雨に遭いベショベショに。
高価な牛革は哀れカビの苗床となってしまいました。合掌。 合成皮革の洗えるヤツで行くべきでしたね。

さあ気が付けばさりげなく脱線していますが、話を当レインウェアに引っ張り戻すと、
ファスナーにはきっちりフロントフラップがつき、フラップ内に隠しポケットまで付いています。
そしてやはり、縫製やファスナーといった生地以外のパーツはすべて、黄色です。

ブレませんね。

ブレの魔術師としては羨ましい限りです。

それではブレずに次回へと。

イエローコーン YM-7101 ユーロハイウェイマジシャンテキス...
レビュー:0 件

【あす楽】YBJH-004【マットブラック】【フリーサイズ】YC ハ...
レビュー:0 件

★送料無料★ イエローコーン YM-7101 ユーロハイウェイマジシ...
レビュー:0 件

YELLOW CORN 【イエローコーン】 ハイウェイマジシャンメッシ...
レビュー:0 件

楽天ウェブサービスセンター



« バイクと魔術師II バイクと魔術師IV »

⇒ Yahoo!オークションの最新情報を確認する


イエローコーン。ファスナー部分にフラップ(当て布)が付いているにはワケがあるのです。