バイクと魔術師


さて、何やら妖しげなタイトルで始まってしまいました。

かたやバリバリに近代文明の産物、鉄の馬、バイク。

一方中世の剣と魔法の世界を代表する魔術師。

何ぞ接点でもあるのかい?

謎の超古代文明の遺産に先人類のバイクが? など読者の皆様は
支離滅裂な妄想がアクセルターンしているやもしれません。

すみません。そういうの出てきません。

まあインディアンくらいかな出てくるのは。

東京と横浜を結ぶ、16.6kmほどの短い国道があります。

オフィシャルな呼称は「国道446号」ですが、東京横浜間の3番目の幹線道路ということで「第3京浜」の通称で呼ばれています。完成は1965年。
東京オリンピックの翌年ということですから相当古いですね。
私もまだ生きてません。
しかしスーパーカブはその頃すでに一世を風靡していました。
恐るべしカブ、恐るべしホンダ。

まあ当時最新の主要幹線道路ですから、物流の中心だったことでしょう。
もうトラックビュンビュンです。さながら水牛の群れのごとく。

3年後の東名高速道路の完成により、唯一無二の役割は終えますが、かわりに物流に関係ない連中がたくさんきます。
バイク乗りやらクルマ乗りです。

さながらフロンティアに流れてきたアウトローやカウボーイ。
開拓時代ならぬ、走り屋時代の始まりです。

さてこうした時代背景や舞台設定をモチーフにして、1988年に立ち上げられたブランドがあります。

もとは純粋な「洋服屋」でしたが、今ではドラッグレースに参戦するなどコンストラクターとしても著名な「イエローコーン」です。

命名の由来は「イエロー(危険な)」「コーン(戦士)」
つまり「危険な戦士」だとか。

ここでいうコーンはインディアンのコーン族のことを指すようです。

イエローコーンはもとが純粋なアパレルメーカーだけあって、とてもお洒落です。

お洒落な上に機能性も高いため、若者ウケが非常によいようで、私も長らく愛用しています。
つまり私もまだ若いのです。あしからず。

私が愛用しているのは、イエローコーンの内部ブランド、「ハイウェイマジシャン」のレインギアです。
まあ今回は前フリだけで終わりですね、はい。

ともあれ……

ハイウェイマジシャン。ハイウェイの魔術師。
うん魔術師でてきた。
じゃあ次回。

イエローコーン YM-7101 ユーロハイウェイマジシャンテキス...
レビュー:0 件

【あす楽】YBJH-004【マットブラック】【フリーサイズ】YC ハ...
レビュー:0 件

★送料無料★ イエローコーン YM-7101 ユーロハイウェイマジシ...
レビュー:0 件

YELLOW CORN 【イエローコーン】 ハイウェイマジシャンメッシ...
レビュー:0 件

楽天ウェブサービスセンター



« バイクとスノーボード バイクと魔術師II »

⇒ Yahoo!オークションの最新情報を確認する


イエローコーンは元アパレルメーカーだけあってお洒落で機能性良しです。